Q9 監査役とは何をするのですか?

監査役とは、株主から委任を受けて、取締役の職務執行状況について業務監査を、また会社の業績について会計監査を行う役員のことをいいます。
簡単に言えば「株式会社が適法に業務を遂行し、計算書類を適法に作成しているかどうかを監視する人」ということです。

株主から取締役を訴追する要請があった場合には、監査役が会社を代表して取締役に対する訴訟を行うとされています。

会社設立を専門家に依頼するメリットは?
会社設立の御依頼はこちら 会社設立の御依頼はこちら
 
Q10 私と主人だけの小さな株式会社を設立しようと思っています。実際に経営は主人も参加するのですが、今勤めている会社の手前、出資者と取締役は私一人で主人の名前は出ないようにしたいのですが(取締役としても従業員としても)、可能でしょうか?

はい。可能です。
○○様、そしてご主人様がお互い納得していればできます。
ただし、御主人は従業員でもなく、役員でもありませんので、どれだけ働いても給料は出ません。(無償で妻の会社のお手伝いをしている、という扱いになります。)

会社の役員(取締役や監査役)になられると会社の登記簿謄本に名前が出てしまいますが、資本金を出資するだけの「出資者」の立場ならば、登記簿謄本に名前が出ることはありませんし、「他の会社の出資者になってはいけない」という社内規則(就業規則等)を設けているところもないと思われますので、実際に御主人も事業に携われているということならば資本金の一部を出資してもらうのが一番の方法だと思います。

この形態で会社を運営される際、注意していただきたい点が2点ございます。

  1. 会社の責任者は役員である「○○様」ということになりますので、重要な契約の締結や打合せなどは、実際の責任者は御主人であったとしても、奥様のほうが窓口になるということがあるかもしれません。
  2. 御主人がこの会社で働いている最中に怪我などをされたとき非常に困ります。
    「取締役でもなく、従業員でもない」ということなので、労災などの補償は一切受けられません(加入していないので)。

この2点を熟考されてから会社設立をご決断下さい。

必見! 会社設立を専門家に依頼するメリットは?
会社設立の御依頼はこちら 会社設立の御依頼はこちら
甲子園法務総合事務所の地図はこちら
◆御依頼はこちら
弊社に依頼するメリット
会社設立費用・価格表
会社設立依頼はこちら
会社設立無料相談はこちら
依頼に関するQ&A
会社用印鑑販売

◆会社を作る前に・・
起業・独立・開業セミナー
会社についての基礎知識
会社の種類
会社設立のメリット
会社設立のデメリット
株式会社のメリット・デメリット
合同会社のメリット・デメリット
会社設立Q&A

◆株式会社の作り方
株式会社設立方法

◆合同会社の作り方
合同会社設立方法

◆NPO法人でも起業・独立・開業は可能です
NPOで起業・独立・開業
NPO法人で起業・独立する際のメリット・デメリット
NPO法人の利用方法
NPO法人の作り方
NPO法人何でもQ&A

行政書士甲子園法務総合事務所 代表
    【藤井 達弘】
会社設立はお任せ下さい
起業支援コンサルタントとして皆様の会社設立をバックアップいたします。
詳細プロフィールはこちら

弊社執筆記事掲載雑誌
日本実業出版社の「経営者会報」に4ページにわたり、適正な資本金について執筆いたしました。

女性起業家応援マガジン「Born to win」
女性起業家や起業家のたまごなど、頑張る女性を応援するマガジン『Born to win』に掲載されました。