合同会社設立書類(財産引継書見本)

財産引継書

  1. 「現物出資の目的たる財産の表示」ですが、
    • 不動産を出資する場合は、不動産登記簿謄本を参考に、
    • 自動車を出資する場合は車検証を参考に、
    • パソコンなどの事務機器を出資する場合は、保証書などを参考に、
    して記載します。

    大切なのは「何を出資するのか」をわかるように書くことです。製造番号などがあるならばきちんと記載してください。
  2. 日付は現金出資があるならば、銀行に資本金を振り込んだ日を記入しましょう。現金出資が無く現物出資のみで設立する場合は、「定款作成以後で登記申請までの日付」を記載してください。
  3. 出資者の名前の後ろに押す印鑑ですが、これは認印でも構いません。
次のページは、
払込証明書を作成する
甲子園法務総合事務所からのお知らせ

現物出資財産がある場合はプロに任せた方が断然お得!

 現物出資がある場合は上で述べているように財産引継書の作成が必要です。それだけではなく、現物出資があると、

など様々な書類で、このホームページに例として載せている見本が使えなくなってきます。

 ちょっと大きな書店に行くと「会社設立」のマニュアル本が山のように売られているのですが、ほとんどが「金銭での出資」について説明したものであり、「現物出資」の方法を解説したマニュアル本はほとんど存在しません。

 よって、手慣れた人が書類を作成・準備するのならともかく、はじめての人が一からすべて間違いなく手続を進めることははっきり言って無理です。

 苦労して書類を一から作り、法務局で何度も手直しをさせられて、やっと設立登記が完了した合同会社というのも、「自分が設立した」という愛着が湧き、いいとは思いますが、このHPを見られている方は「会社を作ること」が商売ではないはずです。設立した会社で事業を興すことが本業ではないでしょうか?

 会社設立手続に時間をかけるならば、設立後の事業準備のために時間をかけられた方が設立者・そしてそのサービスを受ける消費者にとっても利益となると思われます。

 甲子園法務総合事務所では、「金銭出資」の方法だけでなく、「現物出資」を取り入れて合同会社を設立される方のコンサルティングも行っております。是非ご利用下さい。

必見! 会社設立を専門家に依頼するメリットは?
会社設立の御依頼はこちら 会社設立の御依頼はこちら
甲子園法務総合事務所の地図はこちら
◆御依頼はこちら
弊社に依頼するメリット
会社設立費用・価格表
会社設立依頼はこちら
会社設立無料相談はこちら
依頼に関するQ&A
会社用印鑑販売

◆会社を作る前に・・
起業・独立・開業セミナー
会社についての基礎知識
会社の種類
会社設立のメリット
会社設立のデメリット
株式会社のメリット・デメリット
合同会社のメリット・デメリット
会社設立Q&A

◆株式会社の作り方
株式会社設立方法
株式会社設立書類一覧

◆合同会社の作り方
合同会社設立方法
合同会社設立書類一覧

◆NPO法人でも起業・独立・開業は可能です
NPOで起業・独立・開業
NPO法人で起業・独立する際のメリット・デメリット
NPO法人の利用方法
NPO法人の作り方
NPO法人何でもQ&A
失敗しないNPO起業マニュアル

行政書士甲子園法務総合事務所 代表
    【藤井 達弘】
会社設立はお任せ下さい
起業支援コンサルタントとして皆様の会社設立をバックアップいたします。
詳細プロフィールはこちら

弊社執筆記事掲載雑誌
日本実業出版社の「経営者会報」に4ページにわたり、適正な資本金について執筆いたしました。

女性起業家応援マガジン「Born to win」
女性起業家や起業家のたまごなど、頑張る女性を応援するマガジン『Born to win』に掲載されました。